シロアリ予防・駆除

一般木造のシロアリ予防工事|東京都三鷹市【シロアリ駆除事例005】

テオリアハウスクリニックでシロアリ防除施工をおこなった施工事例を紹介する「シロアリ駆除・予防事例」。

 
今回は東京都でシロアリ予防にお伺いしたときの事例です。
 
シロアリの保証が満了となったたため、保証の満了点検を実施しました。
 
木造床下 木造のベタ基礎

 

点検アドバイザーが床下に入り、シロアリ被害や水漏れ等がないかを確認します。この建物はベタ基礎の構造です。
一見、ベタ基礎の床下はコンクリートに囲われているためシロアリが入らないと思われがちですが、実際には、基礎の継目や配管スリーブのすき間などから侵入されることがあります。

 
ベタ基礎の床下

 
幸い、この建物は床下からのシロアリの侵入や被害もなく良好な状態でした。

 
点検後に、報告書を交えて現状況をお客様にご報告し、保証切れを延長するための再予防工事のご依頼をいただいたため、後日、再予防工事に伺いました。
 

 


シロアリ予防施工

 
別日にシロアリ予防工事に伺いました。
 

 
まずは、床下の出入り口となる床下点検口の周囲をポリフィルムで囲います。
これは、ホコリが舞い上がらないようにするためです。
 
木部処理

 
床下では、まず、木材部分の薬剤処理をおこないます。
防蟻効果に加え、防腐・防カビ効果があります。

 

土壌処理 土壌処理

 
そして、床下面にシロアリ専用の薬剤を処理します。コンクリート面に薬剤の層をつくることで、予防ができるわけです。
コンクリートは強アルカリ性のため、防蟻薬剤によっては直ぐに中和されて効力がなくなります。
テオリアハウスクリニックでは、コンクリートに対して耐性のある「タケロック」という安全性の高い薬剤を使用し、シロアリ予防をおこなっています。
 
タケロックは有効成分のクロチアニジンをマイクロカプセルで閉じ込めているため安全性が非常に高い防蟻薬剤です。また、施工中の臭いも最小限に抑えられており、施工中も問題なくご生活いただけます。
 
今回は、このような流れでシロアリ予防工事を実施しました。
実際の施工時間は、平均的な大きさの建物で2時間から3時間ほどで完了します。
 
※施工方法は一例です。建物構造等により施工方法は異なります。
 

 
シロアリ駆除や予防に関する専用サイトはこちら。
 

シロアリ駆除専門サイトへ移動
 

予防工事薬剤散布

CATEGORY

ARCHIVES

LATEST

シロアリの駆除・予防のご相談はこちら

お見積・ご相談は無料

通話料無料対応エリア東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城
受付時間平日8:30〜17:30