住宅診断・検査

結露では無く、雨漏れ

結露?雨漏り?

住んでいても、意外と気づいていなかったその危険信号。

20年、初めての診断。

【指摘箇所】

  

 

【診断レポート】

今回はシロアリの点検のご依頼から住宅診断へと発展したケースです。

 

お客様宅はすでにシロアリの被害が起きてしまっており、駆除工事を検討されていましたがその他に気になる点として「部屋の寒さ」そして「窓の結露」ということを挙げられていました。

 

参考のためサッシを拝見させていただいところ、雨染みを発見。

 

「結露が凄かったから、てっきりそれがシミになったかと・・」と、ご主人はお話されていましたが、確かにそういった事象もありますが今回は残念ながらすでに雨水が侵入している状態でした。

 

築25年近くになるお家ですが、早期に建てられた工務店さんが倒産してしまったようで、これまでどこに住まいの相談をしていいかわからなかったとのことでした。

 

そういった事情もあり建ててこれまで塗装などメンテナンスをされていなかったらしく、今回しっかりと状況を把握したいということで、改めて住宅診断をお申し込みいただきました。

 

診断には専用の道具が必要となるため、別日に改めて訪問。

 

状況としては全体的にシーリングの劣化、欠損や外壁の亀裂、基礎のクラックなど様々な症状がありご報告させていただきました。

 

思った以上に現在住んでいるお建物が劣化していたことに驚かれていましたが、今後のメンテナンスの参考にしていただけるとのことでした。

 

確かに劣化があるとそれだけ修繕も増えてしまいますが、放置しておくとより酷くなってしまいますので、まずはどんな症状があり何を優先されるかを検討することが大事かと思います。

 

もし、「こんな所にシミがあったっけ?」など、今までに無かったお家の何らかのサインを発見した時には早めにご相談下さい。

劣化雨漏り

CATEGORY

ARCHIVES

LATEST

シロアリの駆除・予防のご相談はこちら

お見積・ご相談は無料

通話料無料対応エリア東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城
受付時間平日8:30〜17:30