お役立ちコラムCOLUMN

2017.10.17 湿気対策

木材の腐れ(腐朽)は初期でも著しい木材強度低下を引き起こす

木材腐朽(木材の腐れ)は担子菌類というキノコの仲間や、一部の子のう菌類や不完全菌類というカビの仲間が引き起こす木材の劣化現象です。これら木材の腐朽を引き起こす菌類を一般的に「木材腐朽菌」と呼びます。
木材腐朽菌は、さらに「褐色腐朽菌」「白色腐朽菌」「軟腐朽菌」の3つのわけられます。

では、それぞれの腐朽菌の特徴をみていきましょう。

 


褐色腐朽菌の特徴


 

褐色腐朽を受けた木材

木材を褐色に変色させるため褐色腐朽菌と呼ばれます。一般的にスギなどの針葉樹を好んで腐朽し、腐朽が進行すると木材はサイコロ状になり手で摘むと粉末状になる特徴があります。
白色腐朽や軟腐朽よりも木材の強度低下を引き起こします。家屋での木材腐朽は褐色腐朽菌がほとんどです。

 


白色腐朽菌の特徴


 

白色腐朽菌と白色腐朽

左:白色腐朽菌の一種「カワラタケ」 右:白色腐朽

 

木材を白色に変色させるため白色腐朽菌と呼ばれます。一般的に広葉樹を好んで腐朽する種類が多いです。菌糸が白いから白色腐朽という業者を見たことがありますが、それは間違いです。褐色腐朽菌も白い菌糸を伸ばします。主に自然界で発生が見られますが、ホシゲタケのように家屋の木材を腐朽する白色腐朽菌も存在します。

 


軟腐朽菌の特徴


 

褐色腐朽菌でも白色腐朽菌でも腐朽できないような高含水率の木材を腐朽させます。木材の表面だけ腐朽していく特徴があります。

 


木材腐朽の進行過程


 

木材腐朽菌は、木材の成分を栄養とします。木材は主に「セルロース」「ヘミセルロース」「リグニン」で構成されており、鉄筋コンクリートに例えると、セルロースが鉄筋で、ヘミセルロースが鉄筋を繋げる針金、リグニンがすき間を埋めるコンクリートのような役割を担っています。

 

木材腐朽菌はこれら3つの構成要素を分解、吸収することで腐朽が進行するのです。褐色腐朽菌はこのうちセルロースとヘミセルロースを同程度分解します。白色腐朽菌はセルロース、ヘミセルロース、リグニンを同程度分解します。

 


だから軽度の腐朽でも強度は著しく低下する。


 

セルロースは木材を支えるための鉄筋です。これが細胞単位で分解されていくのです。分解が始まると木材の質量は減少します。ちなみに質量が50%を切ったら強度は全く無いレベルです。では質量が5%だけ減少したら木材強度はどうなるのでしょうか?

 

腐朽の程度と強度の減少

 

たった5%でも強度は著しく低下します。また、圧縮強度の試験でも、質量の減少が5%で45%の圧縮強度の低下が認められています。木材腐朽は、極めて初期の段階で木材内の構成成分を壊してしまうのです。

 

それに、木材腐朽菌は目に見えるものでは無いため、初期段階で発見するのは困難です。ということは、木材腐朽は発生しないように予防をしておく事がとても大切なのです。

 

記事:木村(テオリアハウスクリニック)
 

 
 
▼シロアリ駆除専用サイトはこちら
シロアリ駆除専門サイトへ移動

CATEGORY

ARCHIVES

LATEST

シロアリ専用サイト

シロアリの駆除・予防のご相談はこちら

お見積・ご相談は無料

通話料無料対応エリア東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城
受付時間平日8:30〜17:30