お役立ちコラムCOLUMN

2017.03.30 シロアリ対策

シロアリ駆除工事の詳しい流れ~T様邸の場合~

駆除工事の流れアイキャッチ

 

この記事では、シロアリの被害にあった際の詳しい工事の流れを、実際の事例に沿ってご紹介します。今回はシロアリ駆除工事の工法の中でも、もっとも一般的な薬剤散布によるシロアリ防除施工のご紹介となります。

 

 

■液剤処理工法の概要

家屋内に侵入してしまっているシロアリに対しては、薬剤の散布で駆除します。ドリルで穿孔した穴から薬剤を注入し、木材や壁の中にいるシロアリを駆除します。室内に薬剤は散布せず、見えない壁の中や玄関タイルの下等はドリルで穿孔して薬剤を注入します。薬剤は揮発性が低く安全性の高い薬剤を使用します。
もちろん開けた穴は処理剤注入後に補修しますし、移動した靴や物は元の位置に戻します。そして、次に新たなシロアリが侵入してこないように、床下土壌にあらかじめ薬剤を散布してバリアを作ります。この薬剤のバリアの効力は通常5年間持続します。

 

 

■ご依頼の経緯と点検結果

2015年のGW後半に初めて勝手口と浴室から羽アリが発生しました。築40年の木造住宅で、高台で風通しがよい立地のため、これまでシロアリの対策はしてこなかったとのことでした。
点検してみると、浴室と隣接した洗面所・キッチンの床下に被害があり、シロアリの生体も見受けられました。

 

 

 

■床下・室内の防除施工

1.ご挨拶・工事内容のご確認

シロアリ駆除工事の流れ-01ご挨拶 シロアリ駆除工事の流れ-01タブレットでのご説明

 

まずはお客様に身分を明かすための名刺をお渡しし、ご挨拶をします。調査担当者からの報告及び指示事項に基づき、タブレットを使用してシロアリ防除工事の内容と段取りをお客様と確認させていただきます。

 

2.準備

シロアリ駆除工事の流れ-02養生

薬剤散布は作業者の薬剤タンクからホースを伸ばして行います。そのため、家の中を汚さないように、専用のシートで養生をします。ホコリがかかりやすい部分にはビニールなどで養生をします。

 

3.床下作業

薬剤ホースを持って床下に潜り、散布を行います。駆除施工の場合は、散布の前にシロアリ被害箇所の木材にドリルで穿孔しておきます。
床下に使用されている木材(土台、床束、大引き、根太等)に薬剤を吹き付け、被害部分は穿孔箇所に注入します。そして、床下の土壌表面に薬剤を散布します。床下がコンクリートの場合でも表面に散布します。

 

シロアリ駆除工事の流れ-03土壌処理風景

土壌処理風景

 

シロアリ駆除工事の流れ-03木部処理風景

木部処理風景

 

シロアリ駆除工事の流れ-03被害部分の穿孔注入処理

被害部分の穿孔注入処理

※木材用の薬剤には防蟻成分に加えて防腐成分も含まれています。

 

4.床上作業

浴室や玄関など、床下での施工だけでは完全に防除できない場合があります。その場合は、必要に応じて各部位に適切な処理を行います。

また、室内にシロアリの被害がある場合は、その被害部位に薬剤を行き渡らせます。

タイル張りの浴室の場合には、床の土間部分と壁の立上り部分にドリルで穿孔し、薬剤を注入します。処理後はできる限り目立たないように補修します。玄関や勝手口など、床下空間のない部分については、土間にドリルで穿孔し、薬剤を注入します。処理後は同じく補修します。浴室の土台で床下から作業できない部位は、外壁から穿孔し薬剤を注入します。

T様のお住まいでは、玄関部分と被害があった浴室壁・勝手口ドア枠などに薬剤を穿孔注入しました。

 

シロアリ駆除工事の流れ-04玄関ドア枠穿孔注入

玄関ドア枠穿孔注入

 

シロアリ駆除工事の流れ-04浴室ドア枠穿孔注入

浴室ドア枠穿孔注入

 

シロアリ駆除工事の流れ-04浴室タイル目地穿孔注入処理

浴室タイル目地穿孔注入

 

 

5.施工完了報告

工事が終ったら作業漏れ、補修漏れ等が無いかチェックを行うと共に、清掃、後片づけを行います。お客様に工事完了のご報告を行いすべて完了です。

 

 

シロアリ駆除専門サイトへ移動

 

CATEGORY

ARCHIVES

LATEST

シロアリ専用サイト

シロアリの駆除・予防のご相談はこちら

お見積・ご相談は無料

通話料無料対応エリア東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城
受付時間平日8:30〜17:30